ブライダル・ネット

リングピローの種類について

トップページ  >> リングピローの種類について

最終更新日:2014/9/24

先程別のページでリングピローについてお話しましたがリングピローについておわかりいただけたでしょうか?また、興味はもてたでしょうか?リングピローのピローを日本語に翻訳すると、”枕”とお話しましたね。リングピローは枕?クッション?のようなかたちが一般的とされています。

しかしリングピローには形も種類も様々あるのです。このページではリングピローの種類についてご紹介したいと思います。興味のある方は是非ご覧になってください。

サテン生地のリングピロー

リングピローにはサテン生地のタイプが一般的ではないでしょうか?ツルツルとした生地でさわり心地がとてもいいです。ツルツルしていることから指輪がすべり落ちないか心配される方もいると思いますが、中央についているリボンで指輪を結びつけるので心配はいりません。

サテン生地は上品な雰囲気もあるのでおすすめです。一般的にはピンクや白、水色のサテン生地を使用したものが人気だと思います。濃い色よりもやさしい色をしたリングピローが人気だと思います。また、ドレスの色に合わせてリングピローの色を選ぶのもよいでしょう。

刺繍が施されたリングピロー

リングピローには刺繍をほどこされたものもあります。刺繍は新郎・新婦の名前などが入ったものが多いです。また、結婚記念日の日付などを入れる専門店もあるようです。無地のリングピローでは物足りないという人には刺繍入りのリングピローがおすすめです。

レースが施されたリングピロー

リングピローにはレースが施されたものも多くあります。リングピローの周りをレースが囲んでくれてとてもかわいらしいリングピローです。リングピローの周りをレースがふちどることによってふわっとしたやさしい印象を与えてくれます。

ビーズが装飾されたリングピロー

リングピローをド派手にしたい人はビーズで装飾するのもいいと思います。ビーズに糸を通して花の模様を描いてみたり、キラキラと光ったビーズを散らばしてみるだけでもすっごく豪華な印象を与えてくれます。

手作りのリングピロー

人とは違った特別なリングピローが欲しい人はリングピローを手作りにしてみてはどうでしょうか?手芸店に行き、リングピローの生地に入れる綿と、綿を包む生地、糸や針、指輪がおっこちないように結びつけるリボンを購入すれば作ることができます。

作り方がわからなくて断念しそうな人は手作りキットを購入してみてはいかがでしょうか?手作りキットの場合だと、完全なオリジナルではありませんが、自分で作ることに意味があると考える人にはうってつけのものでしょう。自分で作ることによって気持ちも入り、思い出の品にもなると思います。

プリザーブドフラワーを使ったリングピロー

リングピローは生地でできたものだけではありません。プリザーブドフラワーを使ったリングピローも人気があります。本物のお花を使っているので見た目にも可愛らしく、花の種類や色によって与える印象も全く違ってきます。花嫁の好きなお花で作ったリングピローもおすすめです。しかしリングピローをいつまでも大事にとっておきたいという人にはプリザーブドフラワーはあまり向かないかもしれませんね。

プリザーブドフラワーの利点は花が長持ちすることですが、一生というわけではありません。それにプリザーブドフラワーはとてもデリケートなものなので丁寧に扱わなければなりません。結婚式の思い出として手元に残しておきたい人は、生地で作られたリングピローをおすすめします。

リングピローの種類についてご紹介しましたが参考になりましたでしょうか?結婚式は人生で特別な日にしたいはづです。どのようなウエディングドレスを着るか悩むように、リングピロー選びも慎重に行いましょう。

おすすめWEBサイト 5選

全国の葬儀社案内お葬式コンシェル
http://www.osoushikiconcier.com/